ひたちなか市ブログエージェント

トラックバックエントリーページ

皆さまのブログダイジェストは地域ごとに通常検索することで取得し、Google地図情報スタイルに変換したことをトラックバックでご案内しています。毎日更新による変動の少ない町・丁目レベルのブログダイジェスト一覧のKMZファイルは、GoogleユーザとしてGoogle Earthギャラリーへコンテンツの登録も行っています。

詳しくはトラックバックエントリーページの説明をご覧ください。


お知らせ(New)

マイBlogマップアルバム作成サービスの開始

ご登録された「マイBlogマップ」がアルバムになるサービスをご利用ください。

詳しくはマイBlogマップアルバムをご覧ください。

マイBlogマップ作成サービス(Google Maps JavaScript API V3 対応)

皆さまのブログダイジェストを個々にGoogle Mapsのバルーンに表示させるサービスを行っています。

地図のプレイスマークを正確な位置に移動させることやタイトル、ダイジェスト、URLの変更が可能です。

 ボタンをクリックするとマイBlogマップ作成・登録画面が起動します。

マイBlogマップ、マイBlogマップアルバムを是非ご利用ください。

  をクリックするとGoogle Earthのバルーンが表示されます。
  をクリックするとGoogle Mapsのバルーンが表示されます。
  をクリックするとマイBlogマップ登録画面が表示されます。

Google Earth起動  Google Maps表示  マイBlogマップ作成 震災がれき燃料に発電、一石 [オリジナルブログへ]

  • 大震災で発生した約1900万トンと見込まれる木質系がれきのうち、約500万トンが燃料として利用できると見込むが、茨城県ひたちなか市でバイオマス発電を手がける「バイオパワー勝田」の西沢房雄所長は、「震災による木質がれきは2〜3年で使い切るのではないか......

Google Earth起動  Google Maps表示  マイBlogマップ作成 7月26日 震災がれき燃料に [オリジナルブログへ]

  • 大震災で発生した約1900万トンと見込まれる木質系がれきのうち、約500万トンが燃料として利用できると見込むが、茨城県ひたちなか市でバイオマス発電を手がける「バイオパワー勝田」の西沢房雄所長は、「震災による木質がれきは2〜3年で使い切るのではないか......

Google Earth起動  Google Maps表示  マイBlogマップ作成 新規企業のサプリメント [オリジナルブログへ]

  • 大震災で発生した約1900万トンと見込まれる木質系がれきのうち、約500万トンが燃料として利用できると見込むが、茨城県ひたちなか市でバイオマス発電を手がける「バイオパワー勝田」の西沢房雄所長は、「震災による木質がれきは2〜3年で使い切るのではないか......

Google Earth起動  Google Maps表示  マイBlogマップ作成 宮城沖地震に関するニュース・ [オリジナルブログへ]

  • 大震災で発生した約1900万トンと見込まれる木質系がれきのうち、約500万トンが燃料として利用できると見込むが、茨城県ひたちなか市でバイオマス発電を手がける「バイオパワー勝田」の西沢房雄所長は、「震災による木質がれきは2〜3年で使い切るのではないか

Google Earth起動  Google Maps表示  マイBlogマップ作成 これぞ正しく、税金の無駄遣い [オリジナルブログへ]

  • 大震災で発生した約1900万トンと見込まれる木質系がれきのうち、約500万トンが燃料として利用できると見込むが、茨城県ひたちなか市でバイオマス発電を手がける「バイオパワー勝田」の西沢房雄所長は、「震災による木質がれきは2〜3年で使い切るの

Google Earth起動  Google Maps表示  マイBlogマップ作成 akiko1987のブログ [オリジナルブログへ]

  • 大震災で発生した約1900万トンと見込まれる木質系がれきのうち、約500万トンが燃料として利用できると見込むが、茨城県ひたちなか市でバイオマス発電を手がける「バイオパワー勝田」の西沢房雄所長は、「震災による木質がれきは2〜3年で使い切るのではないか......約500万トンが燃料として利用できると見込むが、茨城県ひたちなか市でバイオマス発電を手がける「バイオパワー勝田」の西沢房雄所長は、「震災による木質がれきは2〜3年で使い切るのではないか」と分析する。※岩手県宮城県福島県中間

Google Earth起動  Google Maps表示  マイBlogマップ作成 長崎 観光 口コミ [オリジナルブログへ]

  • 大震災で発生した約1900万トンと見込まれる木質系がれきのうち、約500万トンが燃料として利用できると見込むが、茨城県ひたちなか市でバイオマス発電を手がける「バイオパワー勝田」の西沢房雄所長は、「震災による木質がれきは2〜3年で使い切るのではないか......約500万トンが燃料として利用できると見込むが、茨城県ひたちなか市でバイオマス発電を手がける「バイオパワー